自動車保険業界における事故の分類

自動車保険業界における事故の分類

自動車保険業界における事故の分類 header image 2

ノーカウント事故とは

2014年07月26日 · コメント(0) · 未分類

ノーカウント事故とは、現在の自動車保険の制度における、等級に影響がない事故のことです。対物保険や対人保険、車両保険以外の保険を使うものは該当することが多いのですが、一方で保険会社によってこの事故が適用される保険や特約は異なるので注意が必要です。


使う保険や事故の種類によって扱いが変わるため、自己判断で次の年の保険料が上がるからといって保険金の請求をしないというのは非常に勿体ありません。例えば特約によっては親族が乗っている原付バイクの事故に対する補償を請求しても保険料が上がらない、あるいは家族の入院や通院に対する補償を請求しても保険料が上がらないという場合が存在します。また自動車事故に関する弁護士費用の特約のみが支払われる場合でも同様です。加えてこれらのケースを組み合わせて保険金を請求したとしても、保険の制度上問題ありません。
さらに注目すべきなのは、上記のようなケース以外に車両に関する大きな事故がなければ、無事故の場合と同様にして翌年度の保険の等級が一段階あがるということです。しっかりと今の自分の自動車保険の内容について認識をしておけば、無駄な保険料を支払うことなく上手に賢く自動車保険を利用することができます。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。