自動車保険業界における事故の分類

自動車保険業界における事故の分類

自動車保険業界における事故の分類 header image 2

ノンフリート等級制度とは

2014年07月26日 · コメント(0) · 未分類

自動車保険にはフリート契約とノンフリート契約があります。フリート契約とは10台以上車を所有している場合に行う自動車保険の契約で、1台1台に保険を設定するのではなく、全ての車でまとめて自動車保険を契約します。主にタクシー会社や運送会社など、車を大量に所有する企業が行う契約形態です。

 
これと違って車1台1台に保険を設定するのを、ノンフリート契約といいます。そしてノンフリートで適用されている等級制度のことをノンフリート等級制度と言いま本01
この制度は新規加入の場合は6等級からスタートし、1年間事故を起こさなければ1つ等級が上がります。最終的には20等級まであがり、上がることによって保険料が割引になります。逆に事故を起こすと3つ等級が下がり、保険料が割増になります。

 
また2014年の4月1日から、等級制度は新しい制度に変わりました。事故有等級が設定され、事故を起こした場合にはその後3年間は等級が下がった上に、事故有の保険料が適用されます。

 
事故有の保険料は、事故無と比較するとおよそ20パーセント高くなります。実際にこれが適用される時期は各保険会社によって違いますが、2014年の10月からの導入を考えている保険会社が多いです。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。